ネット副業を学ぶ際に動画を見る機会はかなり多い。
だが、全ての動画をダラダラ見ていたらインプットの時間が
必要以上にかかってしまい、アウトプットの時間が・・。
なんてことになってしまった過去の僕。

Macで使いやすい動画プレーヤーはないものか?といくつか試してみて、
1番使いやすかったのが「MPlayerX」だ。

 

MPlayerXの特徴

まずMPlayerXは面倒な設定も不要でインストール後すぐに使える。
また、多くの動画形式に対応しているので、ほとんどの動画コンテンツは
MPlayerXで再生できる。
インターフェイスもセンスよし!でMacユーザー好みだ。

「再生」「停止」「再生速度調整」「スキップ」などが、
キーボード1タッチのみで行えるのでかなり便利に利用させてもらっている。

シンプルで使いやすいので、早速インストールして
動画コンテンツを効率よくインプットしていこう!

 

MPlayerXのインストール

以前はApp Storeからダウンロードできたが、現在は本家公式サイトから
ダウンロードだ。(偽サイトに要注意。)
MPlayerX

「Download」をクリック。

 

「Download Installer」をクリック。

 

ダウンロードしたInstallerを開いて
「MPlayerX.app」をダブルクリック。

 

「続行」をクリック。

 

これでインストール完了だ。

 

MPlayerXの使い方

MPlayerXの使い方はいたってシンプル。
まずは動画コンテンツを開いてみる。

※Quick Time Playerが関連付いている場合は、
「右クリック→このアプリケーションで開く→MPlayerX.app」をクリック。

 

これは僕が作成した動画コンテンツを再生したところ。
下部にシークバー、左上にスピードが表示される。

 

操作方法は以下のキーボード操作だけ行えるが、
僕の場合以下の5パターンばかり多用している。

・再生&停止:スペースキー
・スピードアップ:」
・スピードダウン:「
・10秒進む:→
・10秒戻る:←

ハッキリ言って、この5パターンしか使わない。僕は。
1度使うと勝手に覚えると思うので、まずはお試しあれ!

       

そういえば数年前・・。
僕が偶然見つけてしまった「この扉」。

当時、何気なく開けてしまったけれど、
僕の人生は激変
してしまった。

僕の年収をあっさり超える
副収入をもたらしてくれたからだ。

「この扉」はまだ開くのだろうか?


(マジで人生激変するのでその覚悟が無い場合は他の方にお譲りいただきたい。)