僕はネット副業を仲間に教えるためにコンテンツを作成することが多い。
実際の作業風景を画像保存し説明していくのだ。

よりよく解説するために、画像にマーキングしたり文字を入れたりする。
画像編集は使うソフトやスキルによって時間も効果も大きく異なるが、
ネット副業を実践するくらいならフリーソフトで十分だ。

僕の場合は、PIXLRやMacの標準アプリであるプレビューをよく利用している。
簡単な画像加工はササッとできるようになりたいものだ。

 

PIXLRはすべてブラウザ上で完結する

画像加工や画像装飾といえば、Photoshopが有名だ。
多機能で完成度も高い。
もちろん現在Photoshopを使っているのであればそのままでいいが、
わざわざ購入するするほどでも・・というのが僕の見解だ。

さらに、僕は軽装を好む。それは外出時の荷物量もMacBook内も同じ。
なるべくMacBook内に不要なアプリは入れたくない。
ということで、インストール不要でブラウザ上で作業完結できる
PIXLRがお気に入りで何年も前から重宝しているというわけだ。

 

PIXLRの使い方

PIXLRは色んな画像加工もできるが、ネット副業を実践するにあたって
よく使う機能は限られてくる。
僕の場合は文字装飾が多いし複雑な画像加工はやっていないしできない。
なのでまずは文字装飾をマスターすればOKではないだろうか。

PIXLRにアクセス。
PIXLR

「コンピューターから画像を開く」をクリック。

 

 

装飾したい画像を選択して「開く」をクリック。

 

 

左側のツールから「A」をクリック。

 

「テキスト」部分に文字入力し「OK」をクリックすれば入力できる。
「フォント・サイズ・スタイル・色」で細かい調整が可能だ。

 

文字に装飾する場合は、レイヤー枠内で「入力した文字のレイヤー」を選択。

 

「右クリック」して「レイヤースタイル」をクリック。

 

ドロップシャドウやアウターグローなどで装飾して「OK」をクリック。
※レ点ではなくドロップシャドウ等の文字自体をクリックすると
シャドウサイズや色など細かな表示を微調整可能だ。

 

あとは、「ファイル」「保存」しておこう。

 

通常は「JPEG」で良いだろう。「PXD」で保存しておけば
同じ状態から再編集可能だ。

 

もっと簡単なのはMac標準アプリのプレビュー

単純に文字入力だけしたい場合は、Macユーザーならばプレビューが便利。

「マークアップツールバーを表示」をクリック。

 

文字入力するには「T」をクリック。
文字のフォントやサイズ調整は「A」をクリック。

プレビューはかなり簡単に文字を入力できる。

文字入力くらいの軽い画像加工くらいはササッとできるように。
まずはやってみてほしい!

       

そういえば数年前・・。
僕が偶然見つけてしまった「この扉」。

当時、何気なく開けてしまったけれど、
僕の人生は激変
してしまった。

僕の年収をあっさり超える
副収入をもたらしてくれたからだ。

「この扉」はまだ開くのだろうか?


(マジで人生激変するのでその覚悟が無い場合は他の方にお譲りいただきたい。)