「おっ?」
珍しく、僕のiPhone7PlusのLINEに通知マークが。
誰だろう?と思って確認すると、僕の古くからの友人であり、
『僕の秘密』の多くを知る人物からであった。

秘密と言うと仰々しいが、
「僕がネット副業や投資に勤しんでいること」
を知る数少ない男だ。

 

この男、昔から僕よりとっても賢く人付き合いも上手い。
仕事もバリバリこなし人脈もどんどん構築し、
いわゆる勝ち組サラリーマン的な余裕ある暮らしを送っている。

昨年、自宅にお邪魔させてもらった際には、
「センスいいねぇ!」「センスいいねぇ!」
と僕は連呼状態。
僕はセンスゼロなので、全く同じ家を作って欲しいくらいだ。

メッセージを確認すると、ランチのお誘いだ。
僕は結構ビビリ君なので、僕からランチに誘うことは稀。
でも誘われるのはどうやら好きらしく、友人からの誘いは基本OKだ。

 

雰囲気の良いお店に男二人で

今回のランチは僕がお肉の美味しいお店を予約した。


前回は懐石ランチをごちそうになってしまったからだ。

 

       キレイなOLさん お金持ちマダム  
                      「僕たち2人」        
       お金持ちマダム キレイなOLさん

 

アウェー感たっぷりだが、そんなことお構いなし。
仕事にプライベート、投資に副業などなど、
雰囲気の良いお店でオシャレ感ゼロの会話が楽しい。

収入は増えたが、忙しく時間の確保が難しい。
自分が自ら働かずとも不労で所得を得られる
不動産投資を教えてほしいということだった。

僕が所有している不動産の購入や運営経緯、
そして最近購入しはじめた
激安ボロ物件の情報を伝えてみた。
・どうやって物件を探すのか?
・現地をチェックするポイントは何か?
・不動産会社さんと密なコミュニケーションをとるには?
・家賃が支払われないときはどうする?
・突発的なトラブルの対応策は?
などなど、良いこと悪いこと含め全てだ。

 

友人:「・・。ふーん、なるほどねぇ。」
という友人の言葉のトーンから、
「これは明らかに不動産へのモチベーションが下がっている。」
そう僕は感じ取った。

不動産投資は面倒といえば面倒だし地味なのだ。

「不動産投資で家賃収入チャリンチャリン♪」
友人の目にはこんなふうに僕が映っていたのだろう。
(最終的には間違いではないが。。)

 

ビビりまくりのサラリーマン

当たり前だけど、激安物件でも中古車くらいの金銭的リスクはともなう。
僕も当然、他の不動産投資家と同様にリスクを負ってリターンを得ている。

実は、僕は同じような相談を友人からよく受ける。
「いい物件があったら教えて!」
こんな感じの相談。

 

「いい物件があったらオレがすぐ買うだろっ!」と思いつつ、
「あぁ永遠に不動産買えんな。」と思うわけだ。
別に不動産を買う人が偉いわけでもスゴいわけでもない。
でもその先には不労の世界が待っている。

楽して金稼ぎたいけど、金銭的リスクは取りたくない。
これじゃあ前には進めないのだ。
僕はリターンが見えた瞬間、資金を突っ込む。

 

でもやっぱり怖い。やってみたいけど、怖い。
しかもコツコツ働いて稼いだお金をつかって考えるとますます怖い。
ある程度金銭的余裕のある僕の友人でさえこのザマだ。
それくらい、ほとんどのサラリーマンは金銭的リスクは恐ろしいのだ。

この気持はイタイほどよく分かる。僕もサラリーマンなので。
なんとなく給料やボーナスで投資はできない。気分的に。
汗水たらしたお金は本能的に違うお金なのかもしれない。

 

でも不思議なことにネット副業や投資からのリターンのお金は、
不思議と再投資できる。
そして、きっちりリターンが取れている。

一緒にランチした友人に僕が言ったこと。
「じゃ、まずはネット副業やってみたら?」
である。

まだネット副業も投資も未経験であれば、まずはネット副業から始めたほうが
リスクは少ないのにリターンはかなり大きい。

友人:「・・・。」
ほとんどみんな同じ反応をする。(固まる?)
この微妙な反応がまた面白い(笑)。