不動産を購入して家賃収入を得る・・。
「おっしゃ、オレも不労所得の世界の住人だ!」
と、不動産投資に夢というか希望を持っているサラリーマンは本当に多い。

馬車馬のように働いて身体も心もすり減らしながら走り続けないと
給料にありつけないのがサラリーマンだからだ。

僕も例外なく不労所得に憧れやカッコよさを感じていた一人だ。
今ではよちよち歩きの弱小ではあるが、一応投資家ではある。
少しずつ規模を拡大させてきた結果、給料以上の不労所得
もたらしてくれるまでに育ってくれた。

 

実際に不労所得を構築した結果、今の僕が感じること。
それは「安心感」だ。
・降格したり左遷させられたりで年収ダウンするかも?
・リストラされるかも?
・もう我慢ならん!と辞めちゃうかも?
そんな不確定な将来も不労所得があれば心の支えになってくれる。

 

不労所得は案外簡単だ

不労所得といえば、代表的な方法として不動産投資を真っ先に
イメージすると思うが、正直言って参入障壁が高い気がする。

不動産を購入するには、ある程度のまとまった資金が必要だからだ。
さらには、当然ながら儲かる物件だけを購入する目利きが必要でもある。
優良物件をやっと見つけても、ライバルに勝つだけの
「行動力・判断力・実行力・運力」も必要である。

 

でもネット上に「不動産のような仕組み」を持つことはとっても簡単だ。
余裕資金がたんまりあるケースを除いて、ネット上に家賃収入を得る
『不動産のようなブログ』を持つことがもっとも効率的だと実感している。

「ブログにGoogle AdSense」をセットすると・・。
そのブログがまるで不動産のように不労所得をもたらしてくれるのだ。

誰でも不労所得をゲットできる仕組みを得られる
「Google AdSense(グーグルアドセンス)」から
サラリーマンは実行すべきだ。と僕は強く感じている。

 

ネット副業といっても色んな種類があるが、グーグルアドセンスほど
手軽に手堅く稼げる手法はない。

 ブログに記事を書いてグーグルアドセンスの広告を貼っておく
  ⬇
 ブログ訪問者が広告をクリックする
  ⬇
 1クリックあたり数十円から数百円の報酬が発生する

こんなシンプルさだ。

 

しかもグーグルアドセンスは、商品を売る必要が一切ない。
通常、アフィリエイトという仕組みは、何かしら物やサービスを販売
する必要がある。
いわば成果報酬型のビジネスモデルだ。

つまり販売した結果が報酬という形で返ってくるのだ。
ところがグーグルアドセンスはクリックされるだけで報酬が発生する。
クリックだけで報酬が発生するので商品を売る必要はない。
(クリック課金型広告)

 

さらにグーグルアドセンスの広告は、記事の内容を自動判別して
広告が表示されるので、広告を選ぶ必要すらない。
(コンテンツ連動型広告)

広告を意識して記事を書く必要もないので、あなたの趣味を
ブログにアップして報酬を得ることも可能だ。
いわゆる「好きを仕事に!」の状態を構築できてしまう。
一度ブログに広告を貼っておけばあとはアクセスさえ来れば報酬発生だ。

 

とりあえずやってみなって!

 

だから僕は友人からネット副業や不動産投資の相談を受けたときは、
グーグルアドセンスから実践するように勧めているのだ。

先日、友人と一緒にランチした際に、不動産投資の相談を受けた。
残念ながら投資金がまだ貧弱なので、不動産投資を学びながら
Google AdSenseを実践することを勧めてみた。
僕の実際の報酬画面を見せながら・・。

(今日はお昼の時点で4,000円超なので、1日トータルでは8,000円くらいか?)

日によってばらつきはあるが、このアカウントは1日に3,000円から
8,000円くらいを不労で稼いでくれている。
ひと月で10~15万円くらいを不労でゲットだ。

平凡極まりないサラリーマンである僕には不労所得で15万円は
とてもありがた過ぎる金額だ。
同じサラリーマンである友人にとっても魅力的なはず。
が、、実践しない。

僕はこうやって友人に報酬画面まで見せて不労所得の現実を公開しても
ほとんど実践する人がいないのである。
これが不思議でしょうがない。

 

今まで数人の友人から副収入に関する相談を受けたので、質問に回答しつつ、
グーグルアドセンスが最も簡単でリスクがないことを説明してきた。
始め方を含めて、結構丁寧に・・。

で、数日後ブログの1つでも始めたかどうか聞いてみたけど、
誰一人としてドメインさえも取っていない。サーバー契約もしていない。
ブログを作るなんて彼らにとっては非現実的なのだ。

「なんとなく怪しいのか?」
「なんとなく難しいと感じるのか?」
「それとも僕の日本語の説明が下手くそなのか???」

なぜやらないのか?やれないのか?僕には意味不明なのだ。

不思議でしょうがなかったのだが、
どうやら、インターネットを活用して稼ぐなんて、
『自分には関係のない世界』
と無意識下で思ってしまうことが原因だと後でわかってきた。
「なるほどぉ。そんな方法もあるんだね!スゲェな!」
で終わってしまうのだ。。

僕から言いたいことは、たった一言。
「とりあえずやってみなって!」

 

不労所得と労働所得は何かが違う

友人とランチが終わって会計することになった。
以前の僕だったら、「今日はご馳走するよ!」って言われたら、
「え!?マジ??でも悪いよ・・。」
と言葉を発しつつ、念のため財布を出しながらも、結局は奢ってもらってしまった。
なんてことが何度もある。

でも最近は積極的にランチくらいご馳走できるようになった。
僕のケチケチな性格が変わったのか??
いや、人の性格なんて簡単には変わらない。
きっと変わったのはお金の概念やお金との付き合い方だ。

友人と楽しい時間を過ごせたことへの感謝の気持ちを
ご馳走するという行為で表現できるようになったということだ。
これは労働所得だけの頃にはなかなかできなかった発想だ。

 

あなたも早くランチくらいご馳走できるようになれたら
さらに幸せなサラリーマン人生が待っているのではないだろうか?

居酒屋のレジ前で繰り広げられている
サラリーマンA:「今日はワタシが。」
サラリーマンB:「いやいや今日はワタクシが!」
みたいな会話がなんだか遠い過去と言うか、
滑稽な芝居に見えてくるはずだ。

これからは、
サラリーマンA:「今日はワタシが。」
あなた:「あ、支払いは終わったよ!」
こんな状態になるはずだ(笑)。