グーグル・アドセンスはサラリーマンの副業にとってもお勧めだ。
なんといってもその手軽さと簡単さは他の副業と比較しても群を抜く。

そのため、実践していらっしゃるサラリーマンも多いが、
自己流でやってしまうとなかなか利益がでないのだ。残念ながら。

当然、稼ぐポイントというものが存在する。儲かるコツがあるわけだ。
どのくらいの記事数でどのくらい稼げるのか?
そんな目安もよくご質問いただくので、僕なりの見解を回答してみた。

 

グーグル・アドセンスは利益を生みやすい

まず、グーグル・アドセンスはすぐに利益を出せる。
アカウントを取得すれば、今日書いた記事で、すぐに利益を出して
しまうことも十分可能だ。

すぐ稼げて利益を出せる!なんて、まるで怪しい商材のようだが、
ほんとなんだからしょうがない。
もちろん正しいノウハウでやればのハナシだ。

 

Google AdSenseで稼ぐポイントは?

では、稼ぐポイントは何なのか?とうことをご説明するために
Google AdSenseで稼ぐための方程式から理解が必要だ。

広告単価 x クリック率 x アクセス数 = 報酬発生!

 

アドセンスで効率よく稼ぐためには、この方程式が重要なのだ。

この方程式の3つの項目はどれも稼ぎに直結する重要な要素であるが、
コントロールできる部分とそうでない部分がある。

 

まず1つ目の広告単価だが、これはある程度コントロールできる。
記事の内容によってGoogleが広告を自動で選んでくれるのだが、
広告単価の高いジャンルと低いジャンルが存在する。

具体的には、金融関係の広告は高いものが多い。
当然広告の先にはユーザーがいるわけで、そのユーザーが興味を持つジャンルが
お金持ちの方が関係するであろう広告は広告単価が高いのである。

 

2つ目のクリック率だが、これもある程度コントロール可能だ。
アドセンスは広告をたくさんクリックされればされるほど利益となる。
当然、クリックされやすい広告位置があるのだ。

通常1%がアドセンスのクリック率の平均だと言われているが、
もっと低い人ももっと高い人もいる。
3%を超えると異常水域で、悪意のあるクリックが含まれている?
なんて言われている。

これはブログを運営しながら調整していけば良い。
クリック率が低い場合は、広告の位置を少し変えて反応を見ていく。
あと、一定のアクセスを集められるようになると「関連広告」という
通常の広告にプラスして貼れる広告を使えるようになる。

 

最後のアクセス数だが、アクセス数が最もコントロール可能な項目と言える。
アクセスの集まる記事を書けば良いからだ。

アクセスの集まるネタで、アクセスの集まる記事を書いてアップするだけ。
「そのアクセスが集まらずに困っているんだ!」
って人もいらっしゃると思うが、正しいノウハウで実践すれば難しいことではない。

 

つまり、初期に最も重要視すべきは『アクセス数』であり、
広告単価が低かったり、クリック率が低い場合は調整していく・・。
という流れで作業していけば月10万円くらいは突破できてしまう。

アクセス数が伸びてくると、どんどん報酬も伸びていく。
もし、広告単価が10円未満でクリック率が1%未満の状態が続くようであれば、
改善していけば良い。

ちなみに僕の広告単価は20~40円くらいで、クリック率は2~3%程度だ。
広告単価は並だが、クリック率が大きく改善したので、まずまずである。

 

アドセンスで目安の記事数や儲かるコツとは?

記事数を気にするサラリーマンが多い。アドセンスで多い悩みの1つだ。
数年前までは、コンテンツのボリュームや、記事数は少ないよりも
多いほうが良いというのが一般論だったが、最近では流れが変わっている。

たった1記事であっても検索結果の1ページ目に来ているブログも実際にある。
数百記事アップされているブログより、たった1記事のブログが
上位表示していることもあるのだ。

 

そもそも自分の記事を読んでもらうためには検索結果で上位表示されないと
意味がない。存在しないに等しい。

そのため、記事数が何記事でいくらくらい儲かるのか?という質問は、
たった数記事の人もいれば何百記事アップしても稼げないこともあり得る。

 

とはいえ、目安を知りたいという気持ちはよくわかる。
目安がなければゴールのないマラソンのようになってしまうし・・。

以前よく言われているのが、1日3記事で3ヶ月だ。
つまり300記事くらいで月10万円突破を狙うというもの。

300記事が多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれだが、
もっと少ない記事数でもブログを軌道に乗せることは十分可能だ。
ブログ開設の初期段階から、アクセスをしっかり集める、儲かるコツを
しっかり習得してしまえばいいからだ。

 

僕の場合は、これといった才能もないダメリーマンであり、
さらにサラリーマン業も残業続きで結構忙しい。
加えてネット副業をこなす要領も悪いが、新しいブログを立ち上げて
200記事から300記事で月10万円くらいの収益になっている。

もっと「儲かるコツ」を極めた強者達はたった数十記事で10万円に到達
するスゴい人たちもいる。
まぁ、天才君はどこの世界にもいるので、比較して落ち込む必要はないが、
満足できない現状がそこにあるのであれば、改善は必要だ。

 

短期間で儲かるコツは、
「ひたすらアクセスが爆発するようなネタを狙う」
ことである。

1記事で数千、数万とアクセスが集まればそれだけでアドセンス報酬は
数千円、数万円と稼げてしまう。
これがGoogle AdSenseで儲かるコツであるが、アクセスが爆発するネタは、
旬が短いというジレンマがつきまとう。
だから、記事をアップし続けなければならない。

 

これはこれでキツイし、いつまでたっても不労所得化しないので、
僕は頻繁に記事をアップしなくてもアクセスが安定するようなブログ構築を
行っている。
僕にとってブログは不動産で、アドセンス報酬は家賃のような感覚だからだ。

Google AdSenseで家賃収入のような不労所得の世界については
コチラにまとめている。

 

毎日AdSenseアプリをチェックするのが日課に

誰しもひそかな楽しみというものがあるはずだ。

・ジムで汗を流した後に、我慢していたスイーツを一気食い
・会社を出たら一人いつもの居酒屋で飲み干す1杯の冷えたビール
・休日に一人家にこもってDVDを見まくる
・好きなアイドルを追っかけをする

本当に、楽しみは人それぞれだ。

 

僕の場合は、iPhoneのAdSenseアプリをチェックすること。
これがひそかな楽しみなのだ。
Google AdSenseで稼いでいることなんて、決して同僚には言えないから、
『ひそかに』『おごそかに』楽しんでいるわけだ。

多分、グーグル・アドセンスに取り組んでからと言うもの、毎日毎日
報酬チェックをしているはずだ。

しているというか、楽しみでチェックしてしまうと言ったほうが正しい。
だいたい朝と夜の2回はチェックしている。(いや、もっとか?)
こんな感じで。

 

「お、今日は5,000円くらいか?」
「ん?ちょっと調子悪いなぁ」
なんて一喜一憂せずに、あくまで楽しむスタンスでチェックしているのだ。

僕は不動産投資もしているので、家賃収入とよく似ていると思うけれど、
家賃の確認は月1回のみ。
金額も一定なのでグーグル・アドセンスのような面白みはない。
(とってもありがたいが。)

何度もあなたにお伝えしていることだが、僕の大好きな
「AdSenseでチャリンチャリン生活」
あなたにもぜひ味わっていただきたい。
あなたも、ついついAdSenseアプリをチェックしてしまうはずだ。