最近は「ユーチューバー」が一つの職業として
認知されるようになってきた。
また、メルカリヤフオクを使って転売屋になることで
稼ぐことができることも広く知られている。

YouTuberになれば稼げる!
転売屋になれば稼げる!

と安易に飛びつくのは少し待ったほうがいいかもしれない。
しっかりと理解してから取り組まないと「危険な副業」
になってしまうこともあるからだ。

 

 

こんなところにもユーチューバーが!

先日トイザらスに行ったら、有名ユーチューバーのヒカキンが、
おもちゃを解説しているYouTubeの動画が繰り返し放送されていた。
そのヒカキン動画の前にはたくさんの子供たち。

天下のトイザらスが、一般人であるユーチューバーのヒカキンに
商品説明をしてもらっているのである。
さすがはヒカキン、おもちゃの特徴や遊び方を面白おかしく
しっかりと伝えてくれる。しかも子供たちの知名度も高い。

大手企業や有名人とのタイアップのよく見かける。
もはやヒカキンは一般人ではなく有名人だ。

 

もしあなたがYouTuberとして活動するのであれば、
動画を通じて何を訴えていくのか?
しっかりとテーマを決めることが必要だ。
さらにサラリーマンにはハードルの高い「顔出し」が前提。

ユーチューバーとして売れに売れまくって、会社に副業バレ。
これなら格好がつくが、お小遣い程度の収入にもかかわらず、
運悪くYouTuberとして活動していることがバレてしまうと
かなりサムい

 

そもそも、ヒカキンの現実のライフスタイルをご存知だろうか?
もしユーチューバーだったら簡単に稼げると思っているなら、
ヒカキンの日常をチェックしてみたらいいかもしれない。

ヒカキンなんて、24時間ユーチューバーとして
活動しているようなもの。

「撮影→編集→アップロード、撮影→編集→アップロード」

の繰り返し。かなりハードだ。
好きじゃないとゼッタイできない。
「ヒカキン、ハンパない。」である。

 

 

転売屋で年収1000万円の現実

僕はウェブ上でニュースなど様々な情報を得ることが多いが、
あるニュースサイトをチェックしていたら、転売屋を生業としている
20代の青年が取り上げられていた。

彼は年収1000万円を稼ぎ出している・・と。
サラリーマンなら誰もが憧れ納得感が出てしまう
「年収1000万円」だ。

 

この青年は、主に超人気商品を中心に買い占めして、
プレミア価格になった商品をメルカリやヤフオクで転売して
稼いでいるそうだ。

年収1000万円といえば聞こえはいいが、実際はかなり悲惨。
プレミア価格で売れる商品を仕入れるためにはかなりの努力が必要だ。

 

例えば、大人気ゲーム機の「ニンテンドースイッチ」なんて
超人気商品なので、前日から店舗前で野宿してやっと購入・・
なんてことも日常茶飯事だ。

その結果、ネット上に多数の転売商品が販売されているわけだが、
超プレミア価格の中には転売屋の苦労代が含まれているのだ。

 

 

転売屋が熱い?

転売によるビジネスは、昔から現在までずっと存在している。
世の中の多くの商品は「利ざや」によって利益を得ている。
だから取り組みやすいし、稼ぐことも可能だ。

特に、インターネットを駆使して転売屋をやれば、
実店舗で転売をやるよりもずっと効率的に稼ぐこともできる。
ヤフオクやメルカリの出品者の中にも副業で取り組んでいる人も多い。

 

実際に僕も転売屋になったことがある。
(転売屋といってもすぐ辞めたが。)
ブックオフで人気のDVDを仕入れてアマゾンや
ヤフオクで売ってみたのだ。

確か20万円分くらい大量に購入して、5万円くらいの利益だったと
記憶している。
利益率は20%ほど。物販の利益率としては悪くはない。

でも、効率が悪いのだ。
仕入して出品して売れたら梱包して・・。の繰り返し。
売上が増えれば増えるほど作業も増える

 

 

サラリーマンには危険すぎる副業

僕たちは貴重な自らの資源である「時間」を会社に提供して
給料に変えている。

24時間のうち12時間。
7日間のうち5日間。
365日のうち245日間。(優良企業の年間休日は120日らしい。)

 

ということは、人生の大半を会社に捧げて
わずかな給料を受け取っていることになる。

サラリーマン業に費やしていない残りの時間は、
「資産化」できるネット副業に集中しないと疲れるだけだ。
だから転売屋ビジネスは僕はやらない。

 

じゃあ、ユーチューバーはどうだろうか?
ヒカキンよりも面白い動画を大量にアップロードできるだろうか?
そもそも僕は有名になんてなりたくもない。

どちらかといえば、JOJOの吉良吉影のようにひっそりと生きていきたい。
 (吉良吉影はホントに悪いやつだが。)

 

ということで、「転売屋」「YouTuber」は、
サラリーマンにとって効率の悪いネット副業だ。

労働力を売って時給(給料)を得るのはサラリーマンだけにして、
資産化することができて、だんだん楽になれるネット副業
やったほうがいいに決まっている。
と僕は思っているがどうだろうか?

以上の観点から「Google AdSense」はとてもお勧めできる。

だから僕は単純作業系の副業ではなく、不労所得化できるネット副業や
投資をいつもおすすめしているのだ。