「キャッシュフロー・クワドラント」
あなたはご存知だろうか?

あ〜〜あれね!って方も、
何ソレ?って方も、
僕たちサラリーマンはしっかりと
意識したほうがゼッタイに良い。

サラリーマンとしても、1人の人間としても、
人生観や生き方が大きく変貌する
重要な要素だからだ。

 

実際に僕のライフスタイルは、
現在進行形で激変している。

 

お金に色は無いが種別は存在する

僕が「キャッシュフロー・クワドラント」
を知ったのは、大ベストセラーの
金持ち父さん貧乏父さんを読んだときだ。

もう何年も前のハナシだけど、
かなりのインパクトがあり、
グイグイ読んだ。

でも1度読んだくらいでは腑に落ちず、
何度も読み返したことを記憶している。

 

この本は、
「得られるお金には4つの種類があるよ!」
ってことを細かく解説した本である。

 

キャッシュフロー・クワドラントは、
次の4つに区分されている。

E : Employee(従業員)
S : Self Employee(自営業者)
B : Business Owner(ビジネスオーナー)
I : Investor(投資家)

それぞれ解説していく。

 

E : Employee(従業員)

「安定」「保証」を最優先にしたライフスタイルで、
嫌いなことはリスクを負うこと。
貯金が安心につながり、投資は危険だと思っている。
何より損することが大嫌い。

そう、僕たちサラリーマンのことだ。

 

福利厚生が良く将来安定の企業で
正社員として働き出世を目指してお金を得る・・。
定年後にやっと第2の人生スタート。

結果として、お金のために自分の時間を
提供し続けるだけの人生になってしまう。

上司に嫌われないように、リストラされないように、
一生懸命頑張る。
たとえ収入が増えても時間は減る。
常に「もらう」意識を持っている。

Eの方は、給料は「もらうモノ」と口にする。

 

S : Self Employee(自営業者)

「人に雇われたくない」
「自分が優秀なので全部自分でやるべき」
自営業者の典型的パターンである。

優秀であることが、反対にデメリットとなっている。
全て自分自身で完結する必要があるので、
収入が増えても時間はない。常に忙しい。

自分が動けなくなってしまうと「ジ・エンド」。
Eの従業員よりも収入が伸びる可能性も高いが、
当然リスクもある。

サラリーマンが脱サラして独立起業する方も
このSの自営業者である。

Sに対する僕の見解。

Sの方は、お金は「稼ぐモノ」と口にする。

 

B : Business Owner(ビジネスオーナー)

Sの真反対に位置するのがBのビジネスオーナーである。
自分自身より優秀な人に働いてもらい、
自分の力ではなく他力で収益を得るパターン。

 

お金や他人を自分のために働かせることを好み、
お金をために自分の時間を浪費することを嫌う。

 

時間は、家族や自分の信念に基づいた行動に
投下するという思考である。
会社の代表者や出資者など、仕組みを作って
優秀な人に任せるのが得意だ。

合言葉は、
・一生懸命働くのではなく賢く働く
・お金も大切だが人生のほうが大切

 

I : Investor(投資家)

Iは投資家だ。
最もイメージできるのが不動産投資だろう。
自分自身は働かずとも収入が得られる。

E(従業員)のように借金を悪いものとは
考えていない。
重要なことは資産を増やすこと。

投資は危険ではなく、無知が最も危険だと思っている。
教育にお金をかけることを好む。

 

同じ金額を手にしても意味は全く異なるのだ。
E : Employee(従業員)

S : Self Employee(自営業者)
B : Business Owner(ビジネスオーナー)
I : Investor(投資家)

 

サラリーマンって合法的な・・

僕は金持ち父さんの
キャッシュフロー・クワドラントを読むまで
得られるお金に種類があるなんて考えたこともなかった。

 

マジで危なかったと思う。
あのまま狭いせま〜いEの世界の中だけで
勝ち負けの競争の没頭して、最も貴重である
自分の時間を消費していく・・。

気がつけば歯車としてしか生きられない。

これが労働力を提供することでしか
お金を得られないサラリーマンの現実である。

 

よくよく考えたらサラリーマンって、
数百年前から同じなんだって思ってしまう。

僕たちは地主様の為に働いている、
小作でしかないのだ。
小作の中で優越をつけられて一喜一憂している。

思いっきり斜に構えて観察すると
そう見えないだろうか?

サラリーマンは安価で安定を手に入れ
定年まで自由を失ってしまった。

超ブラックな言い方をすれば、
合法的なドレイである。

 

ハイブリッド=最強すぎる

サラリーマンは、現代の「地主・小作」
の関係で僕たちサラリーマンは、
悲しいことに永遠に小作だ。

 

でも、小作に嫌気がさしたからといって、
いきなりS(自営業者)になろうと
会社を飛び出すのは違う気がする。

馬車馬のように働く必要がある
S(自営業者)になるのはホネが折れる。
起業経験がないのに、企業で働いた経験だけで
B(ビジネスオーナー)になるのもシンドい。

 

僕の結論。
サラリーマンは、
『じっくりひっそりやれば良し。』
(ニヤニヤ〜)

 

今までは小作は小作らしく生きるしか無かったが、
現代では下克上ができるいい時代になった。

インターネットを使った副業をするのだ。

つまり
E(従業員)として安定的な収入を得つつ、
ネット副業を行うことで
S(自営業者)として収益を拡大させる。

S(自営業者)の収益を活用して
B(ビジネスオーナー)になったり、
I(投資家)のステージに移行していく・・。

 

転んでも(降格・左遷)ただでは起きない
サラリーマンの出来上がりである(笑)。

 

実際に、僕はフルタイム正社員の
サラリーマンとしてネット副業をしつつ、
外注化することによって、
プチビジネスオーナーでもある。
そして、投資家でもある。

つまり、気がついたら
E(従業員)
S(自営業者)
B(ビジネスオーナー)
I(投資家)
をくまなく経験していた。

 

その経験から言わせてもらうと、、
「E+●」のハイブリッド戦略は、
「最強なのでは?」と思う。

E:サラリーマンの安定感と
S:自営業者の青天井の収入
B:ビジネスオーナーとしての自由
I:投資家としての不労所得
意外とバランスがよくていい感じだ。

つくづく思うけど、E(従業員)として
給料しかキャッシュフローがない人生
ってかなり窮屈だ。

そりゃハゲるし鬱にもなる。
楽になりかければ、人生の選択肢を増やしたければ、
「E+●」として、E(従業員)とまずは1つの
クワドラントを追加したハイブリッド戦略で
収入を増やしていく必要がある。

最終的には、
B(ビジネスオーナー)
I(投資家)
の2つだけで生きていけるように。

 

僕はもう、ただのE(従業員)には
ゼッタイに戻れないし戻らない。

転んでも(降格・左遷)ただでは起きない
サラリーマンとして活動していくつもりだ。