レンタルサーバを借りて、ドメインを取得して、
ドメインとサーバを紐付け出来たら、
ワードプレスをインストールする必要がある。

ワードプレス(WordPress)とはなんぞや?
って方もいらっしゃると思うが、
独自ドメインでブログ運営するための型だと
理解しておけば大丈夫だ。

 

ちなみにWordPressのインストールは
資産ブログ作成の全体像でいうと・・

1.サーバー会社と契約する(土地を借りる)
2.ドメインを取得する(住所を借りる)
3.WordPressをインストールする(家づくり)
⬆今回はココ
4.テンプレートをインストールする(家の装飾)
5.プラグイン・各種設定(最終点検・調整)
6.資産ブログの土台完成!

こんなイメージだ。

 

エックスサーバーであればWordPressのインストールは簡単

以前からワードプレスのインストールは
そんなに難しいものではなかったが、
エックスサーバーであればさらに簡単になった。

エックスサーバーの管理画面から
希望のドメインを選択して数カ所設定するだけ。
拍子抜けするほど簡単なので初心者さんには
とても助かる仕様である。

 

まずはエックスサーバーの管理画面にログイン。

 

続いてサーバパネルにログインする。

 

「自動インストール」をクリック。

 

希望ドメインの「選択する」をクリック。

 

「プログラムのインストール」をクリック。

 

WordPress日本語版「インストール設定」をクリック。

 

項目を入力し「インストール(確認)」をクリック。

 

内容をチェックし「インストール(確定)」をクリック。

 

このような画面が表示されれば成功だ。

 

さっそくログインしてみよう。
こんな管理画面が表示されるはずだ。

 

僕が初めてワードプレスをインストールした時は、
今みたいに簡単じゃなかったので
かなり手間取った記憶がある。

エックスサーバーのおかげで
超絶簡単にWordPressをインストールできるなんて
ありがたい。

次は「テンプレート」をインストールだ!