最近めっきり涼しくなってきたので、
おでかけにはもってこいの季節になってきた。

夏の旅行は暑くてシンドいけれど、
夏以外の季節の旅行はかなり好きな僕。

そのため冬や秋は海外によく出かけていたが、
近頃は我がジャパニーズ円が弱い。。
そのため円高が終了後のここ数年は
もっぱら国内旅行を楽しんでいる。

 

今回選んだのはディズニーリゾート
ディズニーランドとディズニーシーはもちろん、
ミラコスタディズニーランドホテルにも
宿泊して満喫してみた。

もちろんマイルを使って、
ミラコスタの宿泊もディズニーランドも
含め無料旅行である。

 

何年ぶり?

ディズニーランドはかなりお久しぶり。
恐らく5年以上は行っていないはず。。

数年前にハワイに旅行した時に
アウラニリゾートディズニーに行ったけど、
あちらはホテルにプラスαのプール等があるだけ。

やっぱり東京ディズニーランドは
いつ行っても大人も楽しめる不思議な空間だ。

 

ミラコスタへの宿泊

まず1泊目のホテルであるミラコスタに。
初めての宿泊だったのでかなり新鮮だった。

重厚感のある佇まいと
海外のホテルのようなロビー。
いい感じだ。

チェックインにはまだ早いので荷物を預けて、
さっさとディズニーシーに繰り出した。

 

人気すぎるレストラン

いくつかアトラクションを楽しんでから、
向かった先は「ホライゾンベイ・レストラン」。

ディズニーシー内で人気レストランなのだが、
その理由が食事中にミッキーやミニー達が
テーブルまで遊びに来てくれるからだ。

 

いい年ぶっこいたおっさんが、
食事しながらミッキーと記念撮影しても
誰からも怒られず後ろ指も刺されないのが
不思議なディズニーの世界。

せっかくだから今回は行ってみることにしたが、
旅行前にチェックしてみたところ、
どうやら予約が必須のレストラン。

アチラの門番に予約の有無をチェックされる。

予約は1ヶ月前の10:00から
WEB上で一斉スタートする流れなので、
その時間にチャレンジしたが、、
「うぅ、サイトにつながらない。。」

やはり僕みたいなサラリーマンよりも
子供たちが電話すればあっさりと
予約できるのかもしれない。

 

大人の意地?

「そんなに人気なのか!!」
と絶句すると同時に、
何が何でも予約したくなる僕。
結構単純なのだ。

絶対にホライゾンベイ・レストランに
行きたくなってしまった。
もはやミッキーと写真を撮るよりも
変な使命感が発動したようだ。

ホライゾンベイ・レストランの予約を
裏技で取れる方法はないものか検索検索。

ふとヤフオクをチェックしてみたら・・。
「あるじゃないか〜〜裏技!(笑)」

ずらずら〜とホライズンベイ・レストラン
の予約権利が出品されている。

1,000前後支払って予約権利を購入するという
なんとも微妙な行為。まさに裏技。

こんな汚い大人の行為を
夢の国に持ち込んでいいのか?
と、ちょびっとだけ迷ったけど
さっさとクレカ決済した。

 

それにしても、出品者はどうやって
予約しているんだろう??って思った。
僕は予約開始時にスタンバイしていたのに。。

ツールなどのシステムを駆使して
予約しているのだろうか??

ネット副業しているのに取れないなんて、
ネット上で活動している身としては
敗北感満載である。

 

仮に毎日予約できるのであれば・・。
数千円が毎日毎日発生することになる。
しかも商品はないので、発送も不要。

予約名を落札者に伝えるだけ・・。
なんだがスゴいビジネスだ。
夢の国サイドで対策が必要な気もするが。

 

かわいい食事をいただいていたら、
ミッキーとミニーがやってきてくれた。

さすがにピースはしなかったが、、
笑顔で一緒に写真を撮ってもらった(笑)。

 

これがミラコスタか!

ホライゾンベイ・レストランを後にして
気がつけばあたりはすっかり暗くなってしまった。

初日だしミラコスタだし、
さっさとホテルに戻ることにした。

ロビーからエレベーターに乗り込んだら
ミッキーの声で到着フロアをアナウンス。
ディズニーは芸が細かいのだ。

お部屋は僕には不釣り合いなほど
雰囲気が良かった。

これがミラコスタか!って感じ。
お風呂のドアもミッキーだ。

ディズニーファンにはたまらないだろう。
徹底した世界観には感心する。
僕はJOJOファンだが(笑)。

 

翌日はディズニーランドへ

早起きしてミラコスタを出発。
ディズニー系のホテル宿泊者には
ディズニーリゾートラインの
無料チケットが貰えるのだ。

さっそくミッキーの電車に乗り込んで、
ディズニーシーからディズニーランドへ移動だ。

しかもディズニー系列のホテル宿泊者は、
15分早く入場できるチケットも貰えた。
ささっとファストパスをゲットできた。

ディズニーはホテル宿泊者をプチ優遇することで
リピート率を上げているのか、なるほど〜と関心。

天気も気温もちょうどよく、
子供のように楽しんだディズニーランドだった。

 

ディズニーランドホテルへ

夢の国は時間が過ぎるのが早いようだ。
あっという間に夜。

ミラコスタに2連泊も芸がないので、
2日目はディズニーランドホテルへ。

おぉ、なかなかの重厚感。

またまたミッキーがアナウンスしてくれる
エレベーターに乗ってお部屋へ。

ミラコスタ同様、ディズニーランドホテルも
雰囲気の良い室内だった。
ビジネスホテル慣れしている僕は、
ちょっと緊張してしまうが・・。

翌朝、ちょっと曇っていたが窓の外を見てびっくり。
昨日はなぜか気づかなかったけど、
どうやら最上階のお部屋に泊まったようだ。

ANAカードプラミアムを利用していた時は
お部屋のアップグレードも時々あったけど、
今は普通のANAゴールドカード。

なので、アップグレードではなく
たまたまだろうけど、嬉しい限りだ。

 

今回の旅費は・・

こうして2泊3日のディズニーツアーは終了。
まったりディズニー三昧もいいものだ。

今回の旅費は、マイルをANA SKYコイン
に交換して全額支払ったので
いくらだったのかすっかり忘れてしまっていた。

今回の旅費は、「233,600円」
おぉ、やっぱり結構な金額だ。

給料をコツコツ貯めて、
全国からディズニーランドに
やってくるのが通常だろうけど、
僕は気が向いたらマイルで
無料旅行ができてしまっている。

やはりマイルはありがたいし、
とんでもなくスゴいシステムだと思う。

23万円を現金で支払えなくもないけど
ほったらかしで貯まるマイルで
無料旅行できるなんてスゴすぎる。

マイルを貯める手段を持っておくことは
とても大切だと思う。
僕は少なくとも、世界一周できるだけの
マイルはいつも持っている。

 

番外編

素敵な空間でしゃれたご飯ばかり食べてたら、
「つけ麺」が無性に食べたくなった(笑)。

食べログで調べてみたら、
「麺屋一燈」ってお店が
ラーメン系ランキング全国1位。

さっそく開店時間に合わせて行ってみたが・・。

すでに長蛇の行列。
さすが全国1位。

50分も列に並んで食べたつけ麺が、
「チャーシュー濃厚魚介つけめん」
に「中盛」「煮玉子」のトッピング。
合計1,250円。

なんとか完食。
かなりのボリュームだった。。

 

こんなディズニー(+つけ麺)ツアーを
楽しんできた。

次はUSJか!?
なんだかテーマパークにハマりそうだ(笑)。
これだからマイルで無料旅行はたまらない。

       

そういえば数年前・・。
僕が偶然見つけてしまった「この扉」。

当時、何気なく開けてしまったけれど、
僕の人生は激変
してしまった。

僕の年収をあっさり超える
副収入をもたらしてくれたからだ。

「この扉」はまだ開くのだろうか?


(マジで人生激変するのでその覚悟が無い場合は他の方にお譲りいただきたい。)