サラリーマンだけではないだろうが、
なぜか気になる他人様の貯金・・。

働き盛りの30代40代の
平均貯蓄金額をみてなんとなく
納得してしまった。。

周りの同僚たちのヒソヒソ話と
だいたい一致していたからだ。

 

貯金が得意過ぎてケチケチ生活もイヤだけど、
貯金出来ない人もイタイ。

サラリーマンは貯金できない人が多いようなので、
特徴をチェックしておきたいところだ。

 

30代40代の平均貯蓄金額とは?

貯金の額を気にしている人といえば、
僕の場合元SMAPの中居くんが、
真っ先に思い浮かぶ(笑)。

あれだけ稼いでいても気になるんだから、
誰でも気になるのかもしれない。

 

あるデータによると
以下のような金額になるみたい。

30代の貯金額
平均値 415万円
中央値 130万円

40代の貯金額
平均値 614万円
中央値 300万円

※ちなみに平均値よりも中央値のほうが
リアルな数字だとか。
貯金額の大きな人がいると平均値はググッと
上昇してしまうかららしい・・。

 

サラリーマンの平均年収が400万円ちょっと
だって言われていることから考えると、
妥当な貯金額なように感じる。

でも30代の貯金額の中央値130万円って。。

 

貯金が全てではないが無いとヤバい

僕はどちらかというと、貯金が好きな方かも。
一定以上のお金があれば、やはり精神的にも
ゆったりした人生が送れる。

・条件の良い不動産が出た時にすぐ買える
・リスクの高い案件にもチャレンジできる
・万が一キャッシュフローが途絶えても
再起する期間にできる

こんな理由からだ。
根本的にビビりな性格なのだろうとも思う。

 

僕とは反対に貯金がほぼない人も結構多い。
毎月入ってきたお金を全部使っちゃうタイプだ。

これは長年の習慣である。
月末になると「お金がない。。」と口走り、
給料が入ると「飲みに行こう!」と言う。

 

貯金が全くない生活は僕にはイメージできない。
僕はビビりなので。。

だからある意味スゴいとも思うし、
ご本人が満足しているのであれば全く問題ない。
楽しそうにしているように見えるし。

ただ選択肢が圧倒的に少なくなって
しまう事が悲しい現実である。

 

その一方、「貯金が趣味です!」みたいな人も
僕は違うと思っている。

「お金を使ってしまうから・・」
といって休日は自宅で過ごして、
通帳の残高が増えれば安心して、
減ってしまえばストレスを感じる。

そんな人生も僕は無理。

 

贅沢は不要だと思うけれど、
お金を理由にやりたいことをやれなかったり、
お金を理由にやりたくないことをしなければ
ならなかったりする人生からは卒業したい。

重要なことはバランスであろうと感じている。

 

貯金できない人の特徴はパターン化している

貯金ができない人の特徴はとてもわかりやすい。

それは、収入に対する支出のバランスが
悪いということだ。

『身の丈にあった生活が出来ていない』
ということである。

・衝動買いが多い
・見栄を張ってしまう
・価値のないモノ(負債)を買ってしまう
・ワンランク上の生活をしてしまう
・新製品を買いたがる
・住宅ローン以外に借り入れがある

こんなところだろう。

 

貯金なんて誰でもできる

なかなか貯金ができない人も多いようだが、
貯金なんてやろうと思えば
本来は誰でもできること。

貯金できない人でも、たった今から簡単に
貯金を増やす方法があるのでお伝えしておく。

それは、
「受け取った給料の一部をまず貯金すること」
である。

 

残ったお金を貯金するのではなく、
一定の金額を給料日にまず貯金するのだ。

具体的には、貯金専用口座に
さっさと貯金分のお金を移すだけ。
これだけで一定の金額が貯まる。

貯金ができないなんてことにはならない。
少しずつでも増えていく。

 

やはり、
「お金が残れば貯金しよう!」
では、永遠に貯金はできない。

貯金したいのであれば、まず貯金をして
残ったお金で生活をするということだ。

悪い習慣も良い習慣も
意外とすぐに身につくものだ。

 

今は貯金するよりも・・

僕は貯金をするために何かをしているわけではないが、
実際に毎月毎月貯金ができている。

貯金というよりも、
「入ってきたお金の全てを使っていない。」
という表現の方が適切かもしれない。
だからチョロチョロと毎月増えている。

しかし僕は高給取りではない。
僕の給料はいたって普通だ。

 

普通の給料だからこそ、
『副業』
に精を出すようにしたのだ。

インターネットで完結できる
副業を行うことで、
無理なく年収をアップさせる道を選んだ。
数年前から。

 

収入がアップすれば選択肢が増える。
投資も色々と実践するようになり、
さらに収入は増えた。

 

だからこそ僕が思うのは、
「貯金よりも収入アップを!」
ということだ。

今の時代は自宅で副業が
あっさり出来てしまうので、
やったもん勝ち状態である。

節約して貯金を増やすことは
すぐに限界に達する。
しかし副業で収入を増やすことは
青天井である。

 

周りの貯金が気になることは悪いことではないが、
平均より上だから喜んでしまったり、
平均より下だから落ち込んだりするなんて
本末転倒である。

 

金持ち父さんは、
「お金は力だ。」
「自分のビジネスを持て。」
って言っていた。

さらには
「貯蓄する人は負け」
とも・・。

 

他人の貯金が気になってしまうなら、
手っ取り早く収入を増やすほうが賢明だと思うが、
あなたはどう感じただろうか?