Googleアドセンスの審査を突破できず、
苦労している人が多いとのウワサをよく聞く。
2018年になっても依然厳しい状況のようだ。

その半面数日で合格したとか、少ない記事数でも
一発で突破したとか人それぞれでもある。
はっきりいって情報が錯綜している。

 

僕の見解としては、たしかに数年前と
比べれば厳格にはなった。
でも僕の周りの仲間でも新たにGoogleアドセンスの
アカウントを取得できている。

審査基準はGoogleのみ知るところだが、
最近アドセンスに合格した仲間をリサーチしていると
一定の基準が見えてきたのでお伝えさせて頂く。

大丈夫。ポイントさえ注意すれば、
Googleアドセンスは一発突破も可能だ!

 

そもそも2次審査が・・

僕がGoogleアドセンスのアカウントを取得した
数年前は1次審査が終わると2次審査があった。
つまり2回審査を突破する必要があったのだ。

でも現状では1次審査のみで
合否がわかるようになった。
(内容は大差ないが)

 

でもネット上に溢れている情報は2次審査を
解説したものばかり。
まぁ、注意すべきポイントはほぼ同じなので
本質は同じだが審査自体は確かに変わっている。

 

審査ブログは独自ドメインが必須!

懐かしや。
僕がGoogleアドセンスを始めた頃は、
無料ブログで申請しても大丈夫だった。

しかし、今は無料ブログで申請はダメ。
自らのドメインでブログを作る必要がある。

どのみちドメインを取得してブログ運営したほうが
稼げるし自分の資産にもなる。

 

僕がお勧めしている「家賃収入型ブログ」は、
インターネット上に不動産を持つわけだから、
無料ブログで運営なんてそもそもしない。

無料ブログで申請できないことで
ハードルが上がったと騒ぐ人もいるけど、
これは大した問題じゃない。
どうせ独自ドメインで作るからね。

そのため、独自ドメインで家賃収入型ブログを
まだ構築できていない場合は、
まずブログ作成からだ。

家賃収入型ブログの構築方法は、別途解説
しているのでそちらをご参照いただきたい。

 

2018年版のGoogleアドセンスの合否ポイント

まず大前提として、
「AdSenseプログラムポリシー」という
Googleが定めている基準を満たす必要がある。

まずどんな内容なのか大まかにでも把握は必要だ。
AdSenseプログラムポリシー

クリックの誘発を促すことや、
アダルトコンテンツがNGなことは
ご存知だろうが、その他にもダメな基準が
いくつかあるので、しっかり確認いただきたい。

・ポルノ、アダルトなどの成人向けコンテンツ
・暴力、犯罪に関連するコンテンツ
・アルコールに関連するコンテンツ

このあたりは、審査前はもちろん合格した後も
扱わないほうがよいジャンルである。

 

加えて最近は、ユーザビリティの向上を求められている。
具体的には、

・ブログ管理者のプロフィール
・運営者情報とプライバシーポリシー
・グローバルメニュー
・お問い合わせフォーム
・カテゴリー

このあたりの表記があったほうが
合格率がアップしているように感じる。

もちろん、一部がなくてもGoogleアドセンスに
合格しているケースもあるが、
最初から設置しておいたほうが無難だ。

 

つまり僕たちが考えなければならないことは、
ユーザーのためになるコンテンツなのか?
ということだ。

少しでも見やすくわかりやすくブログを整える
意識を持つようにしたい。
近年その重要度は一層求められているように思う。

 

記事数や文字数、内容はどうする?

1記事あたりの文字数がどのくらい必要なのか?
審査に合格する記事数はどのくらいなのか?
と気になる人が多い。

僕の仲間にリサーチした結果、
およそ1500文字前後書いているブログが多かった。

文字数は多ければ多いほど良いってことではなく、
ユーザーが求める情報量に達しているかどうかが重要なので、
500文字でも審査に合格することもあると思うが、
ある程度のボリュームがあったほうが見栄えもいい。

そのため、少なくとも1000〜1500文字は必要だと思う。
それ以下だと、どうしても内容が薄くなってしまうからだ。

 

記事数は10〜30記事くらいは必要だろう。
できれば審査要ブログとして審査に臨むのではなく
ご自身が運営したいブログで申請したほうが良い。

今後運営していくブログであれば10〜30記事なんて
すぐに書けるからだ。

少ない記事数で合格している仲間は、
内容が濃いケースが多いように思う。
そのため、内容が若干薄いなぁって感じるのであれば、
内容を濃くするか記事数を増やすかのどちらかである。

 

ブログのジャンルもよく問い合わせをいただくが、
Googleのポリシーに反しなければ何でもOKだ。
ベストはあるジャンルやテーマに特化した内容のブログ。

一つのジャンルにテーマを絞れば記事の内容や方向性に
一貫性がでるので、10記事くらいで審査を楽々と
突破しているケースもある。
何か専門的な知識があれば有利に働くということである。

とはいえ、専門的な知識がなくても全く問題はないので
迷ったら自分の好きなジャンルの記事を書いていこう。

誹謗中傷やコピーコンテンツは絶対にダメ。
自分自身の言葉でしっかり書くことが大切だ。

 

画像やリンクも審査段階では無い方が良いと思う。
Googleからすれば著作権に違反していないかどうかの
判断が難しすぎるからだ。

画像があったほうが記事も華やかになるけど、
僕だったら審査を突破してから画像やリンクを入れる。

画像やリンクよりも、見出しを使って段落をつくったり、
読みやすいポイントで改行を入れたりして、
ユーザーが読みやすいコンテンツに仕上げよう。

ポイント
・独自ドメインブログで申請
・AdSenseポリシーを守る
・ポルノ、アダルト、暴力、犯罪、アルコールに関連はNG
・ブログ管理者のプロフィール、運営者情報とプライバシーポリシー、
グローバルメニュー、お問い合わせフォーム、カテゴリーを作る
・1,000文字以上の文字数で10記事以上
・画像やリンクは無い方が無難
・ジャンルやテーマはポリシーに違反しなければ何でもOK

 

さっさと申請したほうが絶対に良い

巷で言われているGoogleアドセンスの審査基準だが、
価値のあるコンテンツを書くべし!
とか、
PVはある程度伸びてから申請したほうがよい
とか、いろんな情報があるけれど、
はっきりいって全てGoogleのさじ加減一つとも言える。

そんな細かいところよりも、ポリシーを遵守した
ブログを構築してさっさと審査に臨もう。

 

僕がGoogleアドセンスのアカウントを取得したときなんて、
無料ブログで500文字の日記を5記事なんてクオリティでも
あっさりと合格できたものだ。

近い将来、もっと審査基準が厳しくなることも
十分有り得るし、簡単にはならないだろう。

なんでも先行者利益。さっさとやったもん勝ちである。

 

Googleアドセンス申請

ブログが形になったら、早速Googleアドセンスの
審査に臨もう。

まずはGoogleアドセンスのトップページ
「お申込みはこちら」をクリック。

 

アドセンスを取得したいアカウントでログインする。

 

お申し込み画面になるので、
・あなたのブログURL
・メールの受け取り可否
・国または地域
・規約の同意
を入力して「アカウントを作成」をクリック。

 

次は、支払い先住所の入力画面になるので、
住所や氏名等を順に入力して「送信」をクリック。
(※後日郵送物が届くので入力は正確に!)

 

電話番号を確認されるので電話番号を入力して
「確認コードを取得」をクリック。

 

確認コードを入力して「送信」をクリック。

 

アドセンスの説明ページに移ったら、
「サイトをAdSenseにリンク」が表示されるまで
「次へ進む」をクリックして進む。
表示されたらコードをコピーしておく。

 

次に、審査中のブログにログインして、
「外観 → テーマの編集 → テーマヘッダー」をクリック。
<head>と</head>の間に先程コピーしておいたコードを
ペーストして「ファイルを更新」をクリック。

無事コードをペーストできたら、再びGoogleアドセンスのページに戻り、
「サイトにコードを貼り付けました」にチェックをして
「完了」をクリック。

 

以上が正しく行われていれば審査がスタートする。
審査には3日程度かかると表示されるものの、
3日で結果が出る方は少ないので気長に待ちましょう。

 

無事、審査を突破すると・・。
こんなメールが届く。
晴れてGoogleアドセンスのアカウント取得である。
おめでとー!

 

あと後日ではあるが、収益が1,000円を超過すると、
GoogleからPINコードが記載されたお手紙がくるので、
そのPINを必ず半角で入力しよう。

PINが認証されると報酬受取の口座情報を
登録できるようになる。

 

合格後もアドセンスポリシーをしっかり守らないと
広告を停止されたりペナルティを受けたりするので、
細心の注意を払ってブログ運営していこう。

さぁ、ガンガン稼いでいこう♪

       

そういえば数年前・・。
僕が偶然見つけてしまった「この扉」。

当時、何気なく開けてしまったけれど、
僕の人生は激変
してしまった。

僕の年収をあっさり超える
副収入をもたらしてくれたからだ。

「この扉」はまだ開くのだろうか?


(マジで人生激変するのでその覚悟が無い場合は他の方にお譲りいただきたい。)