圧縮ファイルを解凍したりファイルを圧縮したりって、
結構苦戦する人も多いようだ。

特に僕みたいなMacユーザーは、Windowsユーザーとの互換性も気になるところ。
常に快適にファイル操作できる環境を整えておきたいところだ。

 

Macのファイル解凍アプリ

Macには標準で「アーカイブユーティリティ.app」というアプリが
インストールされている。
多くのケースで問題なく圧縮ファイルを解凍できるが、
うまく解凍できない場合やWindowsからの圧縮ファイルで文字化け
したりする場合があるので、あらかじめ便利なアプリを入れておきたい。

いくつかアプリがあるが「StuffIt Expander 16」がお勧めだ。(無料)
StuffIt Expander 16

 

「App Store」で「StuffIt Expander 16」と検索。
st1s

 

「インストール」をクリック。
st2s

 

「開く」をクリックするとアプリが立ち上がる。
st3s

 

実際に圧縮ファイルを解凍してみよう。
ドラッグ&ドロップするだけでOKだ。
st4s

 

解凍されたファイルの登場である。
st5s

 

解凍後に元々の圧縮ファイルを捨てる作業が面倒な場合は、
自動的にゴミ箱に捨てるように設定も可能だ。
左上の「Preferences」をクリック。
st6s

 

「Move archives to Trash」をクリック。
これで解凍すると元々の圧縮ファイルをゴミ箱に捨ててくれるので便利だ。
st7s

 

Macでパスワード付きの圧縮ファイル作るには?

圧縮ファイル作成アプリで使いやすいのは、「WinArchiver Lite」だ。

Windowsとのやり取りにも良い感じ。

では、先ほどと同じよう容量で
「App Store」にて「WinArchiver Lite」を検索してインストールだ。

 

インストールが終わったら「開く」をクリック。
wi1s

 

圧縮ファイルを作るには、
ドラッグ&ドロップするだけでOK。
wi2s

 

パスワードを入れたい場合は、4桁入力して「Zipファイルを作成」をクリック。
wi3s

 

これだけでZipファイルの完成だ。
wi4s

・圧縮ファイルの解凍
・ファイルの圧縮
は、スムーズにできないと時間を失うので、注意を!