ネット副業を実践していくと、様々なファイルを管理する必要がある。
しかもやっかいなことにどんどん増える一方だ。
時には紛失してしまったり、不意に消えてしまったりと予期せぬ事が起こる。
だからこそ、初めからきちんと計画的にバックアップ含め管理が必要だ。

 

クラウドを有効活用してバックアップを!

パソコン内だけでデータ管理をしている場合、かなり危険だ。
パソコンなんて所詮消耗品である。
突如、大切なデータが消えてしまうことを想定すべきだ。
だから必ずバックアップを取る習慣を。

まずは、クラウドに保存していただきたい。
クラウドに保存しておけば、パソコン内のデータが消えようが、
パソコンを無くそうが、また新しいパソコンで何度でも復活出来る。

僕は、クラウドサービスは複数利用しているが、
まずはDropboxから始めるといいだろう。
長年利用しているが、とても安定しているのでお勧めだ。

 

Dropboxの登録と無料容量アップ

さっそくDropboxの登録だ。
Dropboxは、無料で2GBのストレージを利用できるが、
紹介で登録すると500MBのボーナス容量を無料ゲットできる。
このボーナスは、紹介を受けた人と紹介者両方に適用になる。

ココから登録するとあなたと僕はボーナス容量をゲットできる。
Dropbox

ささやかではあるが、ご紹介させていただく。

まず登録していこう。
姓・名・メールアドレス・パスワードを入力して
利用規約に同意をチェックし、「登録」をクリック。
d1s

 

ダウンロードが始まる。
d2s

 

アイコンをダブルクリック。
d3s

 

「開く」をクリックするとインストールが始まる。
d4s
インストール後は、「メールアドレス」「パスワード」を入力して
無料プランを選択すればOK。

多くの人は2GBからだが、これでボーナス容量ゲットで2.5GBからスタートだ。

 

さらに無料で容量を増やす

Dropboxは有料アカウントにすればバカみたいに容量が増える(1TB:年1.2万円)けど、
そこまで必要ないので現在無料プランを利用中だ。

もし無料プランを利用するのであれば、チョビっとの手間で
さらに容量アップ出来るのでいただける容量はゲットしておきたい。

1.「スタート ガイド」を完了させる(250MB)
2.友達を Dropbox に紹介する(1人紹介で500MB:Max16GB)
3.FacebookやTwitterとDropboxをリンクさせる。(125MB)
無料で容量アップ

このあたりはぜひやっておきたい。

以前は、メールアプリやファイルアップロードで4GBほどアップできたが、、
残念ながら終わってしまった。

ビジネスもそうだが、こういった機会は「すぐ実践!」が鉄則だ。

 

iPhone版Dropboxが使える!

DropboxとiPhoneは連携させておこう。
出先で色々と確認したいことがでてくるのだ。意外と。

あと、僕たち激務なサラリーマンは、とにかく細切れ時間の有効活用は必須。
移動中にインプットすべき資料(pdf)や音声・動画(mp3/mp4)に
アクセスするツールとしてもDropboxは優秀だ。

なので、さっさとインストールだ。
App Storeから「Dropbox」をインストールしてログインするだけでOK。とっても簡単。

iPhone版Dropboxで僕がよく利用する方法が、
「オフラインアクセスを許可」という機能だ。

繰り返しインプットするマニュアル等は、毎回ネット接続するのはパケ
死を招く。
(特に動画。。)

なので、「今日はコレとコレをインプットする!」と誓ったら、
僕の場合はまずPCからDropboxに同期する。

iPhoneで目的のファイルを開いたら、右上の「・・・」をクリック。
「オフラインアクセスを許可」をクリック。
d5s

 

iPhoneみたいなアイコンが目印だ。
d6sこれでオフラインの時もアクセスできるし、パケ代節約でエコだ。(笑)

 

増えてくると当然ながらDropboxの容量を圧迫するので、インプット終了後は
「デバイスから削除」しておく。
d7s

(ファイル自体の削除ではないのでご安心を。)

こんな感じでDropboxはかなり使えるヤツだ。(安定感抜群!)
無料プランの容量はそんなに多くないので、大切なファイルの管理場所として活用中だ。