LINEPayをApplePayに・・。
PayPay(ぺいぺい)やかましいが、なかなかいい感じだ。

僕は、ApplePayを使い始めて外出時の荷物が減ってなんだか快適なのだ。
減った荷物とは、「財布」だ。

「二つ折りはダサいのでは!?」と漠然と思うようになってからはや数年。
お札をおらずに入れられる立派なお財布を買ってはみたものの、、
財布の中にあるお札が、財布の値段を決して超えることのない情けない状況に、
「こりゃ財布いらんぞ!?」と思っていたのだ。

見栄っ張りのお財布は、けつポケに入れるなんて恥ずかしい。
常にちびカバンが必要なのがイヤだったのだ。

よくよく考えると、僕のライフスタイルは全てカード払い。
現金は、ほぼ必要ないし。

ということで、ApplePayが発表されてからウキウキだったのだ。
いうまでもなく、今年も発売日にiPhone7Plusをネット注文してしまった・・。

 

ApplePayでLINEPayは使えず

僕は長年ANAカードを愛用のANAマイラーだったが、
LINEPayカードという脅威の2%還元を誇るカードを使い始めてからは、
LINEPayのポイントをANAマイルに交換していた。

LINEPayって何って場合は、以下参照!
LINEPayって?
LINEPayにチャージするカードは?

つまり、LINEPayありきのApplePayなのだ。僕の場合。
しかし。ApplePayにLINEPayは使えないことが判明。。
ANAカードはiDがついているのでApplePay対応だが、
還元率がLINEPayには及ばない。

「せっかくのApplePayがぁ!せっかくのiPhone7Plusがぁぁ!!」
と、きっときっとあなたもお悩みのはず。

ということで解決策、探しておきました。
Suicaを使えばOK。これが僕の結論。

Suicaアプリ
 ↓
Suicaにチャージ(LINEPayで決済して合計3%ゲット!)
 ↓
ApplePay(Suica)で支払い

 

コレでLINEPayをApplePayでも使えることになったのだ。
お陰で僕のお支払に関するライフスタイルはこんな感じに変貌した。

電車・バス・コンビニなど少額決済は、ApplePay(LINEPayでチャージしたSuica)
 ↓
その他の支払いはLINEPayカード
 ↓
LINEPayカードで支払えないものはANAカード
 ↓
カード払いできないものだけ泣く泣く現金

 

LINEPayカードを色んなお店で使ってみたが、カード決済できる店舗は、
ほぼ使用できる。
NGなのは、ガソリンスタンドや公共料金など、決済金額が変動する場合だ。

携帯料金もNGと思っていたが、SoftBankはOKでauはNGだった。
よって、ガソリン入れる時以外、ANAカードも不要になってしまった。
※残念ながら現在はLINEPayの還元率がダウンしたので、ANAカードに出戻り。

 

プチミニマリスト?

僕はカバンを持ち歩くのが嫌いだ。
両手は常にぶらぶらさせておきたい。
(道を歩けばコケるかもしれないし。)

そんな願望をApplePayは見事に叶えてくれた。

 

僕が持ち歩く最低限度のアイテムは、これだけ。

・iPhone
・LINEPayカード(iPhoneケース内に収納)
・1万円札1枚(iPhoneケース内に収納)
・鍵

ホント楽チン。

LINEPayカードと1万円札はiPhoneと一体化しているので、
実際に持ち歩いているのはiPhoneと鍵だけ。
僕もなんちゃってだが、プチミニマリスト気分だ。

 

がんばれ日本!

すでに家の鍵もiPhoneで開け閉めできるし、
メルセデス・ベンツの新型Eクラスは、iPhoneで駐車できちゃうそうだ。

将来的には、iPhoneが身分証明書の代わりになったりしそうな勢い。
そうなると持ち歩くのはiPhoneだけなんて未来も近いはず。

便利になるたびにふと感じてしまうのだが、
なんでiPhoneのようなライフスタイルを創造するようなアイテムを
日本企業は生み出せなくなってしまったのかということだ。

僕が日頃どっぷり利用しているiPhoneやAmazonやLINEPayなどなど、
ライフスタイルに関するツールやサービスを日本が先導してほしい!
そう心から思っている。
Walkmanで新たな世界観を構築したかつてのSONYのように。

実は、iPhoneを買わない日がやってくることを心待ちにしている。